The Pablo Popovitch Diet

今回は、2009年ADCCとノーギワールズの王者、パブロ・ポポビッチのダイエット法について書かれたBJJ EASTERN EUROPEの記事を紹介します。

ポポビッチ 「僕はメディカルドクターでも栄養士でもないけど、栄養学には人一番詳しいと自認している。アスリートとして世界中を旅して多くの医者や栄養士と話をしてきた。今回はそうした中で得てきた情報の一番大事なところをみんなに公開するよ。もちろん何年も自分で実践してきたことだから内容は保証済みだ」

サイボーグのような肉体で知られるポポビッチですが、そのダイエット法はいたってシンプル。

万人向けかはわかりませんが、少なくともアスリート志向のパブロにとってはこれがいいようです。

The Pablo Popovitch Diet  A Simple Way to Speed Up Your Metabolism   Bjj Eastern Europe (1)

 

*

  パブロ・ポポビッチダイエットの概要 このダイエットのコンセプトは、複合糖質(米、麦、粟、キビ、ソバ 、トウモロコシ)とタンパク質を一緒に取らないこと。同時に取ると消化器官に非常に大きな負担がかかる。人間の身体は炭水化物とタンパク質でそれぞれ違う分解酵素を生成しているので、組み合わせによって消化時間に違いが出てきてしまう。消化時間の違いは以下のとおり。

  • タンパク質とサラダ=3時間
  • 炭水化物とサラダ=1時間40分
  • 果物=15分
  • 果物と炭水化物=1時間40分
  • 果物とタンパク質=3時間タンパク質と炭水化物=7~10時間

このように、タンパク質と炭水化物の組み合わせは非常に消化に時間がかかる。代謝を高めるには食事は3時間おきに少なめに摂ることが望ましいが、炭水化物+タンパク質の組み合わせは消化に3時間以上かかってしまうため、身体に余計な負荷をかけることとなり疲労感や眠気につながる。

また、夕食にタンパク質をとることも身体への負担が大きい。夜は炭水化物をとる方が良い睡眠につながる。タンパク質は昼にサラダと一緒に食べた方がいい。また夜のタンパク質摂取については、プロテインシェイクが消化が良くておすすめ。

なお、果物は食事と一緒ではなくそれ単体で摂取すべきで、食事とは15分以上空けるのが望ましい。

また、その他の食材について注意すべき点は以下のとおり

*

  • 塩=タンパク質に使うのはいいが、炭水化物と塩の組み合わせは体内に水分が貯まってしまうのでよくない
  • オリーブオイル=炭水化物やサラダに使うのがいい
  • 卵白=週に2回、プロテインシェイクの代わりに朝に摂取する
  • チーズ=モッツァレラを週2回摂取。他の種類のものはおすすめしない
  • 牛乳=摂取してはいけない
  • 珈琲=朝のみ
  • 炭酸=摂取してはいけない

*

プロテインシェイクはいつ摂取すべきか プロテインシェイクは朝、就寝前、トレーニング前に摂るといい。 まずは朝起きたとき。睡眠中に体内のタンパク質のレベルが下がっているので補給する。就寝30分前にも摂取すべき。就寝中のタンパク質の欠乏~筋肉縮小を防ぎ、タンパク質の代謝を遅らせることができる。 また、トレーニングの1時間前にマッスルミルクを、減量中でなければハードなトレーニングのあとにも摂取。あとはエンデュロックス(リカバリードリング)と、毎日3.8リットルの水を摂取する。

 

■ポポビッチの一日の食事例

時間帯 食事内容
炭水化物+プロテインシェイク 果物(バナナ、パイン、プラム、りんご)、緑茶、パンとオリーブオイルもしくは牛乳なしのシリアル、マッスルミルク
ランチの15分前 果物(バナナ、プラム、イチジク、ラズベリー、さくらんぼ、りんご)
ランチ タンパク質+塩+オリーブオイル タンパク質(赤身もしくは白身の肉)サラダ、野菜、緑茶
スナックの15分前 果物(バナナ、プラム、イチジク、ラズベリー、さくらんぼ、りんご)
スナック パンとオリーブオイル、緑茶
夕食 炭水化物+オリーブオイル パターン1:パンとオリーブオイルとトマト パターン2:さつまいものスープ、ユッカ(キャッサバ)とオリーブオイル パターン3:麦ごはん、さつまいも、パスタ、ユッカ、緑の野菜(ブロッコリ、ホウレンソウ、キャベツ)、緑茶
就寝30分前 カシュー、ナチュラルヨーグルトと果物、マッスルミルクのいずれか

最後にポポビッチのメッセージ 「このダイエット法を行えば引き締まった強い身体を得ることができるよ。エネルギーがみなぎってくるし体力の回復が早まる。夜に動物性タンパクをとらず炭水化物をとること。これを守れば良い睡眠がとれるし、早い疲労回復につながる。怪我も減り、翌日も力いっぱいトレーニングに打ちこむことができるはずだ。このダイエット法で、引き締まったサイボーグのような身体を手に入れてくれ!」

*

以上、ポポビッチダイエットでした。見たところ、アルコールどころか炭酸もNG。

飲み物はほとんど緑茶ですね。揚げ物は一切入っていません。やはりトップアスリートはストイック。

炭水化物×タンパク質がダメとなると、おかず&ご飯が基本である日本人には非常に厳しい内容ですね。

でも「夜に消化に悪いものをとらない」というところから実践してみてはいかがでしょうか。

胃腸を大事にすることと、いい睡眠をとることはやはり大事なのかもと思います。

(なお1日メニューの朝食では、炭水化物とプロテインドリンクを一緒にとっていますが、  プロテインドリンクは消化が良いからでしょう)

すべての人にベストかどうかわかりませんが、アスリート志向で、

パブロのような肉体を手に入れたい人は一度試してみてはいかがでしょう。

    



コメントは受け付けていません。